電気スリッパでブレーカー対策:消費電力と電気代は?USBあったかルームシューズレビュー

またブレーカーが落ちた!

寒くなると暖房器具を使用する機会が増えます。


我が家ではこの冬も同時に暖房器具を使用し、何度かブレーカーを落としています。

リビングではエアコンとホットカーペット、そして在宅ワーク中は私は隔離部屋でセラミックファンヒータを使用していました。


この状況で電子レンジやオーブントースターを使うと必ずブレーカが落ちてしまいます。

結果、我が家ではセラミックファンヒータの使用を見直し、電気スリッパを使用する事にしました。

電気スリッパにする事で足元の寒さ対策はもちろんですが、ブレーカーが落ちる事は無くなり、また電気料金を抑える事にも繋がりましたので紹介したいと思います。

こちらの記事はこんな方にお勧めです。

  • 冬場によくブレーカーが落ちる
  • 電気代を抑えたい
  • デスクワーク中や受験勉強中に足元が寒い
  • サンコーの電気スリッパ「USBあったかルームシューズ」を検討している
目次

我が家の暖房器具の消費電力とおよその電気代

我が家にある各暖房器具と電気スリッパの消費電力と電気代を比較してみました。

電力会社は「楽天でんき」ですので九州地方23.5円/kWHで算出しました。
また、1ヶ月の電気代は1日3時間を30日使用を想定しています。

スクロールできます
暖房器具消費電力(W)電気代(円)
1時間あたり
電気代(円)
1日3時間を30日
メーカー型式
セラミックファンヒータ120028.22538.0SHARPHX-C120-W
ホット&クール120028.22538.0ダイソンAM09
ホットカーペット74017.41565.1YAMAZENYZC302FL
エアコン4209.9888.3富士通AS-J22T-W
電気スリッパ80.216.9サンコーTKUSBSNA

セラミックファンヒータやエアコンなどは温度が設定温度に上がるまでの1200Wと表記されているため、常時1200Wという訳ではないようなので、およその電気代になります。

しかし、セラミックファンヒータはそもそも消費電力が非常に大きいとわかりました。

妻や幼いこども2人に寒い思いをさせるわけにはいかないので、隔離部屋でのセラミックファンヒータの使用を控える事にしました。

しかし、当然寒いです。

上半身は上着を着込めば何とか凌げるのですが、足元の寒さだけはどうしても耐えられませんでした。

そこで足元の寒さ対策に何とか出来ないかと探した結果、電気スリッパなら悩みを解決してくれると考え、購入を決意しました。

サンコー 電気スリッパ「USBあったかルームシューズ」 TKUSBSNA

寒さ対策として上半身は着込む事で耐えれたのですが、足元の寒さには耐えきれず、電気スリッパを購入しました。

  • メーカ:サンコー(THANKO)
  • 型式:TKUSBSNA

こちらのUSBあったかルームシューズは消費電力が8Wと小さく、最も寒さを感じる足元にピンポイントで温めるため、コスパは非常に高いと言えます。

目的の達成と足元を温めるという機能には申し分なく、非常に満足しています。

しかし、使いづらい点もありますので合わせて紹介したいと思います。

良い点

足の裏をピンポイントで温める事が出来る

サイズは24~28cmのフリーサイズで27cmの私にはピッタリです。

足の裏を充分に温めてくれます。
足と同化させたいです。

両足を自由に組み替える事が出来る

コードは約2mあります。
そのため、コンセントの位置にもよりますが少しは動き回る事が出来ます。
そしてカカトまですっぽりと収まるタイプなので足をブラブラさせても落ちる事がありません。

電気代が安い

消費電力:約8W(両足、5V/800mAで利用を想定)と記載があります。
計算上は1日3時間使用し、1ヶ月で16.9円です。

8W✖️3h/日✖️30日✖️23.5kWh➗1000=16.9円

セラミックファンヒータに比べると2000円以上下がる計算になります。

温度を3段階で調整できる

温度は「高」「中」「低」の3段階で調整できます。

「高」で熱く感じますが、靴下を履いて靴下を履いて調整し、普段は常時「高」で使用しています。

たまに熱いと感じる時は「中」にしています。

使いづらい点

コードが邪魔

集中している時は気になりませんが、足を組み替えたりする時など、気になります。

また、トイレに行く時など履き替えなければならず意外と面倒です。

少し値段は上がりますがモバイルバッテリのコードレスタイプにすれば良かったかと反省です。

USBポートが2箇所必要

購入後に気付きましたが、片足づつにUSBからの電源供給が必要でした。
そのため、USBポートが足りず、別でUSBポートが2箇所あるアダプタを購入しました。

ON/OFFが手間

電源を切るのにボタンを長押しする必要があります。
少しだけ面倒です。

保証期間:6ヶ月

保証期間を見て驚きました。
本当なら1シーズンしか使用できません。
こればかりは壊れない事を祈るばかりです。

まとめ

  • 「USBあったかルームシューズ」の消費電力は8Wで他の暖房器具に比べると低い
  • 電気代は1ヶ月で16.9円(1日3時間使用時)
  • 足元は非常に温かくとても快適
  • 片足づつにUSBポートが必要
  • コードが気になる方はコードレスタイプがお勧め

暖房器具を同時に使いブレーカを落としてしまう方や、冬場の電気代を安くしたい方、そして足元を温めたい方にはサンコーの「USBあったかルームシューズ」はお勧めです。

私が購入しようとした時はモバイルバッテリー付きは売り切れだったので、購入されている方も多いかと思います。

次回購入検討時はバッテリ付きを購入したいと思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

生年月日:1982年生まれ。妻、長男2歳、長女0歳の4人で暮らすひよっこパパです。フルマラソンギリ完走。漫画はキングダムとジョジョが好きです。今はCLIP STUDIO、ブログをゆっくり楽しんでいます。子育てが落ち着いたら麻雀したいです。共働き世帯パパの子育て記録やイラストについて発信したいと思います。

目次
閉じる