食洗機パナソニックNP-TH4レビュー!実際に使った感想

洗い物をする時間が無い!

洗っても洗っても増え続ける洗い物。

子どもの相手をしていると、いつの間にか寝る時間を過ぎてしまい、食器を洗う時間が確保出来ません。

そして皆が寝静まった夜中に起き、音を立てないように洗い物をするのですが、これが気を使います。

そこで、少しでも洗い物の負担やストレスを減らしたいと思い、我が家では食洗機を導入する事にしました。

ママ

どの食洗機を買おうか迷ってるんだよね

ふ〜ん。どれでも良いんじゃない?

色々あるのよ!ちゃんと考えてよ!

建設的な話し合いの結果、最終的に我が家ではパナソニック製の「NP-TH4-W」を購入しました。

今回は実際にNP-TH4-Wを使用した感想を紹介したいと思います。

  • パナソニック食洗機NP-TH4を検討している方
  • 食洗機の導入を迷っている方
    に参考にして頂ければと思います。
目次

パナソニック食洗機(食器洗い乾燥機)NP-TH4を買った感想

安くない買い物(合計90,937円)でしたけど、大満足です。

もう食洗機が無い生活は考えられない

キッチンの視界が悪くなるなどのデメリットもありますが、我が家ではそれ以上にメリットが大きいと判断しています。

良かったと感じた点

  • 1日30分近く時間の確保が出来た
  • 手荒れが減った
  • ご飯のタイミングがずれても待たなくて良い
  • 子どもに家事を中断させられない
  • 予想外にシンクを綺麗に保てる

良くないと感じた点

  • キッチンの視界が悪くなる
  • 配管の取り回しが下手なため見栄えが良くない
  • 手洗いより時間がかかる
  • 食洗機専用の洗剤が必要になる

食洗機・食器洗い乾燥機を購入した理由

きっかけは、妻がYOU TUBEで紹介されている動画を見た事でした。

妻は良く子育て系の動画見ています。
その中で時短家電の一つとして食洗機を推していたそうです。

3歳、0歳の子を持つ我が家では中々自由な時間が取れません。

子育て中や共働き世帯の方は基本的に同じような状況だと思います。

そこで紹介されていた食洗機。

今まで全く考えていなかったのですが、私達の家事の負担を減らすのはこれだと感じました。

パナソニック NP-TH4を選んだ理由

我が家はマンション住まいの4人家族です。

マンション住まいのため、ビルトインタイプには抵抗がありました。

ビルトインはそもそも工事費も高いイメージがあり、初めから選択肢に入れていなかったような状態です。


Youtubeでもパナソニックの食洗機を紹介しておりお勧めしていたので、パナソニック製にする事にしました。

そして4人家族のため、プチ食洗機では容量が足りないと考え、大きめサイズの物を検討しました。

4人家族以上用では3種類販売されていました。

簡単に説明すると以下です。
・ナノイー洗浄、自動ドアオープン付きのNP-TZ300
・80℃すすぎ機能付きのNP-TH4
・ノーマルタイプのNP-TA4

大きめサイズとなると置場が限られ、部屋の視界も遮られます。

ヤマダ電気へ行き実物を見るとサイズはどれも一緒でした。

NP-TZ300NP-TH4NP-TA4
本体外径寸法550✖️334✖️598mm550✖️334✖️598mm550✖️334✖️598mm
庫内容積約50L約50L約50L
ナノイー洗浄
80℃すすぎ
自動ドアオープン

ナノイー洗浄の効果はイメージがつかなかったのですが80℃すすぎはあった方が汚れが落ちそうだと考え、少し背伸びしてNP-TH4を選びました。

今回購入したNP-TH4はヤマダ電気では82,610円(税込)でした。
また、NP-TZ300は90,000円超え、NP-TA4は約70,000円でした。

合計金額

本体価格82,610円に加え、食洗機取り付け用の分岐水栓8,327円をAmazonで購入しました。
そのため今回かかった金額は合計90,937円でした。

分岐水栓の取り付けはそのままヤマダ電気に依頼すると5,000円かかりますが、私は自分でやったので工事費5000円は浮かす事が出来ました。

購入まで悩んだ3つの理由

実際は購入に至ったのですが、即決ではありませんでした。

「ロボット掃除機」「乾燥機付き洗濯機」と並び新・家電3種の神器とも言われる「食洗機」ですが、購入に至るまで悩みました。

主な理由は3つあります。

サイズが大きく、キッチンの視界が悪くなる

キッチンの面積を大きく取る事はわかっていました。

メジャーで寸法を測り、とりあえず置く事は出来る事は確認しました。
キッチンの見栄え、視界が悪くなる事は避けられそうにありませんでした。

しかしメリットの方が大きいと判断し、置けるなら買ってしまおうと考えました。

食洗機があるのに使っていない人たちもいる

私の親や親戚は自宅に食洗機があるのに使っていませんでした。
やはり必要ないのではないか、役に立たないのではないかと不安になります。

妹は食洗機を持っていたので具合はどうか聞いてみました。

「食洗機が無い生活は考えられない」との答えでした。

この答えに背中を押されました。

結果、我が家もこの状態に陥りました。
妹も子育て中なので、子育て世代には重宝するアイテムだと考えられます。

マンションの水道に分岐水栓がつくか心配

食洗機を使うためには水道に「分岐水栓」という食洗機用の出口を設ける必要があります。

これが水道の型式によっては取り付ける事が出来ない場合もあるようです。

しかし、分岐水栓をつける事が出来るかは検索すれば調べる事が出来ました。

ヤマダ電気の場合は事前に水道に確認してくれて取り付ける事が出来るか自宅まで来て確認してくれました。

工事費を払えばそのまま、取り付けも対応してくれるようでした。

また工事費を抑えたいという方は自分でつける事も可能です。

私は自分で分岐水栓を購入し、自力で取り付けました。

少し大変な事になりましたが何とか取り付ける事が出来、工事費5000円の出費を抑えられました。

パナソニック食洗機 NP-TH4-Wの感想

見ため◎

単品としてのデザインは、シンプルです。
ボタンはフラットなタイプでスッキリしています。
色はホワイトを選択したので部屋の色とマッチしています。

しかしキッチン全体として見た時の存在感はあります。

サイズ

やはり分かってはいましたが大きいです。
ここが購入に対してのネックになる方がほとんどだと思います。
我が家ではピッタリとした置場が確保できず、置いた時の見栄えはお世辞にも良いと言えません。

洗浄力◎

全く問題ありません。

納豆を食べたお茶碗を洗いましたが、80℃すすぎモードでヌルヌルも綺麗に取れていました。

NP-TH4を選んで良かったと思いました。

正直驚きました。
人の手では80℃では洗えないので、自分でやるより綺麗になっているかもしれません。

納豆を食べた後のお茶碗もピカピカです。

ただし重ねて置いたりすると洗えないので置き方には注意が必要です。

※半年間使用していますが80度すすぎはほとんど使用していません。

もう1ランク下のグレードでも良かったかも。

操作性

超簡単です。

普段通りの使い方をするなら、「主電源」⇨「スタート」と2回ボタンを押すだけで起動できます。

洗浄音

思ったよりはうるさくなかったという感想です。

しかし音が気にならないかと言われれば正直、音は気になります。

なぜなら、我が家では寝る直前に食洗機をセットする事が多いためです。

最終的に音に対しての我が家の結論は、普通に洗い物をしても音はするから変化はないと考える事にしました。

良くない点・デメリット

配線・配管の見ためが難しい

配線・配管を上手く隠す事が出来ていません。

分岐水栓からの配管の取り回しはイマイチです。

これはセンス次第かもしれません。

収納部分が扉の開閉に追従しない

収納部分を出したまま扉を閉めようとしてしまう事が何度かありました。

当然ひっかかるため閉まりません。
慣れればなんて事はないのですが。

これは収納部分と扉を追従させて欲しかったです。
もう一つ上のグレードなら問題ないのかもしれません。

容器を変形させてしまう

80℃すすぎ洗いの洗浄力に感動し80℃すすぎ設定のままにしていました。

そして、そのまま非耐熱の容器をセットしてしまいました。

結果、容器を変形させてしまいました。。。

食器の入れ方が難しい

収納部分への食器の入れ方が慣れるまで中々難しかったです。

慣れてしまえば気にならなくなりました。

時間が掛かる

一度食洗機にかけると乾燥までやってくれるのですが、乾燥だけで45分かかります。

そのため、時間だけなら手洗いの方が早いです。

息子の好きなコップを食洗機にかけた所、息子が「あのコップが良い!」と駄々をコネ始めました。

息子の好きなコップは食洗機にかけないようにしました。

食洗機専用の洗剤が必要

一般的な洗剤が使用できず、食洗機用の洗剤が必要になります。

食洗機にかけられない食器もあるため、一般の洗剤と食洗機用の洗剤を両方持ち続けなければなりません。

良かった点・メリット

  • 時間の確保が出来た
  • 手荒れが減った
  • ご飯のタイミングがずれても待たなくて良い
  • 子どもに中断させられない
  • シンクを綺麗に保てる

時間の確保が出来た

なんと言ってもここが一番大きいです。

食洗機にかけられない食器はあるものの、洗い物にかかる時間は大きく減りました。

毎日私が洗い物をしているわけではないのですが、妻は1日30分近く確保出来たのではと言っています。

手洗いよりも時間はかかるのですが、その間全く手が離せるのは大きいです。

手荒れが減る

私は肌が弱いのですが、洗い物をする時間が減ったので手荒れの心配もほぼ無くなりました。

子どもに中断させられない

子育て世代は常に子どもに家事を中断させられます。
本来15分で終わるはずの作業が子どもを見ながらとなると必要以上に時間がかかります。


しかし一度食洗機にかけてしまえば子どもに中断させられる心配はありません。

シンクが綺麗に保てる

食洗機の購入前は私が帰宅した時は、シンクに食器が溜まった状態でした。
そして育児の合間を見て妻が洗うか、私が洗うかでした。

しかし食洗機を導入してからは、食べ残しを水でサッと流し洗い物は食洗機にセットした状態としてくれています。

そのため、私が食べ終えた食器を食洗機に入れスイッチを押すだけで完了。

シンクにほとんど洗い物が溜まらなくなりました。

結論

買って良かった食洗機。

「悩むなら買った方が良い」と聞いた事がありますが、本当にそうだと思いました。

決して安い買い物ではありませんでしたが、一日30分代わりに働いてくれると考えれば、もっと早く購入しても良かったかと思いました。

買って良かった食洗機!

買うなら忙しく時間の少ない時の方が断然お得感を体感できます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる