自宅で出来るモンテッソーリ教育、机と椅子、棚を準備しました!

自宅でモンテッソーリ教育を実践するために購入したアイテムの一つを紹介します。

息子が生まれてから、「自発生」や「集中力」をつけさせたいと思い、話題になっていたモンテッソーリ教育の本を読んでいます。

藤井聡太棋士みたいになってくれたら…

子どもにはモンテッソーリ教育を受けさたいのですが、近所にモンテッソーリの園がありません。

また近所にあったとしても通わせるまで金銭的に余裕があるかと言うとそうでもないので「自宅での環境づくりくらいなら出来るだけやってみよう」というスタンスです。

自宅で出来る事ならやってみよう!

そんな中、コレは購入して良かったと思ったものを紹介したいと思います。

「モンテッソーリ教育に興味があるけど、園に通わせられない」
「自宅で実践したい」と言う方にオススメというか必需品です!

目次

息子に準備したアイテムとは?

そのアイテムとは3つあります。

  • 子ども用の机
  • 子ども用の椅子
  • 教具用の棚

教具とは子どもの成長を援助するために用意された物をさします。
この中で私は机と椅子は最終的に購入、棚は自作したものを使っています。

机と椅子、棚が必要な理由

環境作りがとにかく大事!

「子どもの才能を伸ばす最高の方法モンテッソーリ・メソッド」の本では、
モンテッソーリ教師養成コースの中で掲げられているモンテッソーリ教師12の心得の一番最初の項目が
「環境に心を配る」であると書かれています。

教師の仕事は環境づくりに始まり環境づくりに終わると言っても過言ではないそうです。

こちらの本は今ならamazon prime会員はkindle版が無料で読めます!(21年10月20日時点)

そして、その環境づくりの中での最重要アイテムとして「0~3歳までの実践版 モンテッソーリ教育で才能をぐんぐん伸ばす!」の本で紹介されているのが「」と「椅子」、そして「」です。

本の中で、マリア・モンテッソーリは
「子どもは何でも自分でする意思も能力もある。もし出来ないとすればやり方がわからないか物理的に環境がないだけである」と断言しています。

そして、机と椅子を準備したところ子どもたちが自発的に活動を始めたと書かれています。
環境を整えてあげるだけで子どもは本当の力を発揮し始めるそうです。

※こちらの本は今ならamazon Audible無料会員になれば最初の1冊は30日間無料で聴けます。

0~3歳までの実践版 モンテッソーリ教育で才能をぐんぐん伸ばす! 写真とイラストでよくわかる! (単行本) [ 藤崎 達宏 ]

机、椅子、棚を自作しました

とはいえ、いきなり机を購入するのは腰が引けていました。
そのため、ホームセンター「ナフコ資材館」で木材と釘を買い、自作しました。

しかしやっぱり素人設計。

「棚」はそんなに重くない物を置くだけなので何とか機能してくれていますが、「机」と「椅子」は少し負荷がかかるとグラグラして今にも壊れそうでした。

結果、やはり机を椅子は既製品を購入する事を決意!

ノスタ リトルデスク&リトルチェアを購入

ネットサーフィンをしながら選んだ結果、ノスタ リトルデスク&リトルチェアを購入しました。

ノスタ リトルデスク&リトルチェアを選んだ理由

  • デザインが好き
  • 高さが調整出来るので成長しても使える
  • 丸みがありぶつかっても安全


値段はまだ安い物もありましたが、せっかく購入するならとほぼ「デザインが好き」という理由で購入。

楽天で購入し発注から到着まで1ヶ月以上かかりましたが、サイズもピッタリで安心しました。
成長しても調整出来るので問題なさそうです。

手作りの机の時より断然机に向かっており気に入ってくれているようです。

机に向かってペンを走らせているのを見ると、もうこんな事が出来るのかと嬉しくなります。

心なしか息子が凛々しく見えてきます。

モンテッソーリ教育では「0歳〜6歳までは人生において必要な能力の80%が備わる最も大切な期間」と言っています。

子どもの成長は本当に早いので、この期間を大切に過ごし充実させたいですね。

私もすぐに成長するよ!

我が家ではまだ習い事もやっていないので、せめて環境づくりは早い段階で出来るだけやっていこうと思っています。

また、子どもが産まれたばかりの方はモンテッソーリ教育の中で紹介されている「トッポンチーノ」もオススメです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

生年月日:1982年生まれ。妻、長男2歳、長女0歳の4人で暮らすひよっこパパです。フルマラソンギリ完走。漫画はキングダムとジョジョが好きです。今はCLIP STUDIO、ブログをゆっくり楽しんでいます。子育てが落ち着いたら麻雀したいです。共働き世帯パパの子育て記録やイラストについて発信したいと思います。

目次
閉じる